2018年08月18日更新
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード

これぞ投資の醍醐味、昭和真空のチャートがすごい!

昭和真空(ジャスダック、証券コード6384)ほど派手な値動きをする銘柄は珍しいです。なにしろ2015年の1年間の中で、3度もストップ高を演じたのですから、尋常じゃありません。業績を買う純粋な相場なら、下値を切り上げつつ長期の上昇波動を描くものですが、昭和真空のチャートは仕手株としての値動き以外のなにものでもありません。
最初の大相場は1月20日の398円からで、一日置いた22日に80円ストップ高。翌23日も80円ストップ高。さらに翌営業日の26日は基準値が上がって100円ストップ高と寄らず(買い気配のまま終わること)の3連騰。27日にようやく寄り付いたものの、終値が200円高で、この段階で866円まで上昇しました。このときの相場は1月29日の1,316円で天井を打ちました。400円台で投資した人は1週間で3倍まで値上がりしたことになります。
その後お定まりの大暴落となった昭和真空は8月4日の483円で底を打ち、第二の上昇チャートに突入します。8月7日に突如80円ストップ高買い気配。翌営業日の10日が100円ストップ高買い気配。11日に寄り付いて一時ストップ高の779円で2度目の天井を打ちました。
投資家がこの時、二度あることは三度あると思ったかどうかはわかりませんが、11月に本当の大相場がやってきます。このときのチャートはすさまじいジェットコースター相場を示しています。11月10日に620円だった株価は11日に100円ストップ高。続く12日が150円ストップ高。13日も150円ストップ高で、ここまで寄らずの3連騰を演じたあと、14日に寄り付き、11月18日の1,520円でようやく天井を打ちました。その後五月雨的な売りを浴び、12月24日に950円まで下落して下げ止まりました。
これぞ投資の醍醐味ともいえる昭和真空の大相場3発でしたが、2016年に夢よ再びとなるか、要注目です。

関連記事はこちら

  • クロスエフェクトに投資をするときに必要となることはに関する画像
    2019.03.05

    クロスエフェクトに投資をするときに必要となることは

    3Dプリンタの関連銘柄としてクロスエフェクトに注目をしているという人もいるかもしれませんが、クロスエフェクトに投資をする際に必要となることはまず、株を売ってくれる人を見つけることとなります。 クロスエフェクトは上場をしていない企業であるため、投資をしようと思っても簡単にできるものではなくまずは株を売...

  • NSKの投資が公益につながることもに関する画像
    2019.01.13

    NSKの投資が公益につながることも

    投資をするというのは本人だけでなく、世の中のためでもあります。 投資をすることによって、経済が活発化することで世の中にお金がいきわたることになるため、一人一人の投資が公益につながることになるのです。 もちろん、公益になるということを意識せずに単純に儲けのために投資をするというのは全く悪いことではあり...

  • 中国で積極的事業展開のエスペック社の株価の投資情報に関する画像
    2018.11.19

    中国で積極的事業展開のエスペック社の株価の投資情報

    大阪市北区に本社を置く電気機器メーカーに、エスペック株式会社という企業があります。同社の主力事業は環境試験機(電化製品などの耐久テストを行うための機械)の製造です。エスペックは海外にも事業進出しており、とりわけ中国での事業展開には積極的です。1987年、中国の北京において環境試験機器の単独展を開催し...